手持ちの不動産を高く売るには?

マンション売却は中古物件取扱い専門業者も視野に入れて

以前、住んでいたマンションを売却した経験があります。
結婚を機に1000万円ほどで購入した中古マンションでしたが、1DKという狭い間取りと、北向きの部屋のため日当たりが悪いのに加え、道に面していたためうるさいということもあり、早々に手放すことを考えました。
マンション売却にあたってどこを仲介業者に選ぶか考えた時、まっ先に浮かんだのはこの物件を斡旋していた不動産業者でしたが、入居一年足らずでまたお世話になるのが気恥ずかしく、どこかいい仲介業者はないかと探して見つけたのが中古物件取扱い専門の不動産業者でした。

 

中古物件取扱い専門ということは、顧客も中古物件めがけて探しているわけで、全てに門戸を開いて買主を探すよりも早く買主が見つかるのではないかという期待もあってのことでした。
通常不動産業者に売却の仲介を委託すると、作ったチラシを不特定多数の住居にポスティングする方法が一般的ですが、この業者はた広告の主をネットに限定していたため、人件費が抑えられる分、手数料を低く抑えていたのも魅力的でした。

 

結局このマンションは保養施設として使用する中古物件を探していた法人に売却しました。
個人の買い物でなく法人の買い物ということもあって、値段を多少強気で出しても買い取ってもらえたので、こちらとしては大変良い取引をさせてもらいました。
中古マンションの売却を考える時には、中古物件取扱い専門業者に委託するのも選択肢のひとつだと思います。

 

不動産ってどんな売り方があるの?